モルディブ ラズドゥー島についてのまとめ

先日はモルディブのローカル島の魅力についてまとめました。
[http://siro-uma.hatenablog.com/entry/2018/05/07/234916:embed:cite]

今回は旅行の際に訪れた、2つのローカル島のうち1つであるラズドゥー/Rasdhoo島についてまとめたいと思います。

アクセス

ラズドゥー島へのアクセスはスピードボートかパブリックフェリーの2択の選択肢になると思います。

スピードボート

今回はスピードボートを使って首都マーレからラズドゥーに移動しました。 移動時間は1時間。ただ、予約した乗客が全員揃わないと出発しないので、運が悪いと結構待つことになります。私は実際30分程待ちました。当日の船内はほぼ満席だったので、ご利用予定の方は事前予約が確実かと思います。

予約ですが、私は宿泊したRasdhoo Dive Lodgeで事前に予約してもらいました。金額は片道で40USD。

乗り心地ですが、海の状況にもよるのかもしれませんが、かなり縦に揺れるので、船酔いし易い方は酔い止めなどを服用した方が良いかもですね。

パブリックフェリー

今回は利用していませんが、パブリックフェリーを利用すると3時間半程度かかるようです。 参考までに以下がタイムテーブルです。
[https://www.atolltransfer.com/303-male-thodhoo-ferry]
探せば他にありそうですね。

宿泊

ゲストハウスのみで、選択肢も多くないです。島内を散歩してみた限りでも、あんまりおしゃれな感じのゲストハウスはなかったように見えました。その中で、私はRasdhoo Dive Lodgeに泊まりました。

部屋はキングサイズベッド?のみがある程度の簡素なものですが、エアコンの効きもよく、必要十分という感じです。

こちらのゲストハウスを選んだ理由は、エクスカーションの値段の安さ。シュノーケリングツアーとサンドバンクツアーに参加しましたけど、30 USD/人でした。
実際に他のゲストハウスでの値段を調べたわけではないですが、少なくとも別の記事でまとめる予定のUkulhas島では 50-60 USD/人くらいするようだったので、安い方じゃないかと思います。

名前の通り、ダイバーにもかなり人気があるようで、毎日のように宿泊者がダイビングツアーに参加していました。

アクティビティが好きで、値段は安く抑えたいという方はRasdhoo Dive Lodgeを検討してみても良いかもしれません。

レストラン

ローカル島なので選択肢は多くないです。また、メニューのバリエーションも少なめです。今回は、その中でも私が訪れた3つのレストランについて記載したいと思います。

Cafe Ole

街の中心の通りにあるおしゃれなカフェ。カフェと書いていますが、普通にご飯が食べられます。夜は大きめの音楽が流れていたので、そういう雰囲気が好きな人をこちらをおすすめします。お店は結構狭めですが、ソファ席などがあってゆったり過ごせます。

味は3つの中で真ん中くらい。でも美味しかったです。メニューは多いですが、品切れが多かったですね。

Lemon Drop

海際のちょっと街の外れにあるレストラン。島のそこらじゅうに広告があったので行ってみました。

味は3つの中で一番イマイチだったです。メニューは豊富でお店も広めですが、値段が少し高めのように感じました。あとは注文から食べ物が出るまでに、絶望的に時間がかかりました。そのせいかあまり良い印象がないです。

ICOCO

宿泊したRasdhoo Dive Lodgeの2階にあるレストラン。

店内の内装は一番簡素でしたが、味はここが抜群に美味しかったです。ランチはブッフェのみ、ディナーも4品くらいしか選択肢がないのですが、いずれも味に申し分なく、2泊3日の滞在で朝食を含めると5回ほど利用しました。

雰囲気があるわけではないですが、味に関してはここが一番のおすすめです。

ビーチ

ビキニビーチはあまり広くはないです。ですが、人があまり多くないので、「海はキレイだけど、人が多すぎて、、」のようなことは、心配しなくても良さそうです。
ゲストハウスでゴーグルを借りれば、ビーチ付近でシュノーケリングも楽しめます。

海自体は別の記事でまとめる予定のウクラス島と比べるとイマイチです。(とは言いつつ、最初にラズドゥー島に着いたときは、海の美しさに感動しましたが、、)
キレイな海が見たい人はウクラス島に行くか、サンドバンクツアーなどに行ってみてください。

マリンアクティビティ

ラズドゥー島のアクティビティと言えばスキューバダイビング。実際に多くの方がラズドゥー島でダイビングを楽しんでいました。今回は連れのこともあり、私はダイビングはしませんでした。
ダイビング以外ですと、シュノーケリングやサンドバンクツアーなどをゲストハウスが提供しているようです。

それ以外にも、スタンドアップパドルやファンチューブなど、かなり多くのマリンスポーツを楽しめます。リゾート島と比べると値段もかなり安い(SUPが1時間10USDなど)ので、アクティビティ好きな方はラズドゥー島の方が楽しめるかもしれませんね。

最後に

すでに滞在から一ヶ月経過していますが、Rasdhoo島についてまとめてみました。次回はUkulhas島についてまとめてみたいと思います。

「駆け出しマネジャーの成長論」を読んで
モルディブ ウクラス島についてのまとめ