3ヶ月のサンフランシスコ滞在を終えて

3ヶ月の任期を終えてサンフランシスコから東京に帰ってきました。

可能ならもっと長く滞在していたかったですが、東京オフィスの業務都合もあり、延長希望は通りませんでした。笑

ということで、記憶のあるうちにサンフランシスコでの目標の達成具合を振り返って見ようと思います。

SFのエンジニアとの技術の力量の差を知る

個人的な感想としては、ソフトウェアの技術レベルに関しては日本とサンフランシスコで大きな違いはなく、優秀なエンジニアもいるし、結構平凡なエンジニアもいる、が正直な感想です。

もちろんサンフランシスコ中のエンジニアと会ったわけではないですし、私の短い滞在での知る限り、という注釈付きになりますが、職場で働いた限り&Meetupに参加した限りの感想は、上記の通りです。

ただ、ソフトウェアの技術レベル以外の、特にプレゼンテーション技術はサンフランシスコのエンジニアのが優れているなあと感じました。

話の進め方とか、聴衆を取り込む力とか、とにかく慣れている。これは、日本のエンジニアとしては見習うべき点のひとつかと思っています。

英語を上達させる

これは正直目立った上達はあまりないかな、と感じています。悔しいですが。

職場だけでなく、Couchsurferを家に招いたりとなるべく喋る機会を増やす努力をしましたが、劇的に話せるようになったとか聞けるようになった感じはしないです。

ただ、最近は発音の勉強に力を入れるようにしていて、その効果は少しずつでてきているように思います。

(社外で)友達を作る

残念ながらフランクに飲みに行けるような友達はできませんでした。が、CouchsurferやMeetupで参加したバレーボールを通して、定期的に連絡を取るような友達はできました。

この関係は大切にしていきたいと思います。

ヨセミテ国立公園に行く

こちらは無事達成。5月初旬に行ったので、雪の関係で行けないところは多々あったし、週末だけではとても周りきれななかったですけど、Gracier pointには行けたし、偉大な自然を存分に感じました。

長い時間をとって、いつかまた訪れたいと思います。

以上、目標に対しての振り返りです。英語はもう少しやれたかなあと思うところがあるので、ちょっと残念に思っていますが、概ね満足です。

3ヶ月という短い期間でしたが、ここに書いたこと以外にも得るものはたくさんあったし、とても良い刺激になりました。そして、より一層海外で働きたいという気持ちが増しました。

足りない部分にも色々気づけたので、この経験を今後の成長に役立てていこうと思います。

自作Pythonモジュールのpypiへの登録
サンフランシスコ滞在中に便利だったアプリなど